1次面接、2次面接とクリアして、これが最後の面接…というところで、つまずいてしまう人がいます。最終面接まで進めているのであれば、スキルやこれまでの経験など、必要な能力は身につけているはず。それなのに、なぜ最終面接で落ちてしまうのでしょうか? 原因は大きく以下の4つに分けられます。

  1. 面接に慣れてしまったことによる油断
  2. 社風や先輩社員との微妙な属性のズレ
  3. 志望度が他の応募者より低い
  4. 採用コストが他の応募者より高い

1. 面接に慣れてしまったことによる油断

最も多い失敗理由が、”油断”による不合格です。書類選考から選考を勝ち進んでいくうち、企業とのやり取りに慣れてしまっていませんか? 中にはエントリー当初の緊張感を忘れ、何の準備もせずに最終面接に臨んでしまう人もいます。馴れ馴れしい態度で話したり、給与や待遇についてあからさまにつり上げを狙ったりすると、面接官の機嫌を損ねることもあるでしょう。

最終面接では、役員や経営者、人事部部長などが面接を担当することも多いです。今までにはなかった高度な質問や即答しにくい難問が飛び出すこともあるので、よりいっそうの準備が必要であるということを忘れないでください。

2. 社風や先輩社員との微妙な属性のズレ

どんな企業にも社風や社員の属性というものがあります。例えばアットホームな会社だったり上昇志向の強い会社だったり、人付き合いにドライな社員が多かったり体育会系の社員が多かったり…。そうした社風・社員の属性が、転職後そこに馴染めるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

せっかく採用した社員に「やっぱり社内の雰囲気が合わないので辞めます」と言われることは、採用担当者にとって最も避けたいこと。そうならないように、採用担当者は「本当にうちの会社内にとけ込むことができるか?」ということを最終面接で判断します。業務に必要なスキル・経験があっても、こうしたことから最終面接で落とされる可能性があります。

3. 志望度が他の応募者より低い

限られた採用枠に大勢の応募者が集中し、しかも全員のスキル・経験がほとんど同じだった場合、企業側は志望意欲の高い人を採用したいはずです。言うまでもなく内定辞退されたり、早期に退職されたりしては困るからです。

このことは最終面接でも変わりません。というよりも、最終面接まで来られた人は全員がスキル面・経験面はある程度クリアできていますから、最後にライバルと差がつくのは意欲や志望度といった「気持ち」であることも少なくないのです。あなただけが最終面接を受けているわけではありません。「自分よりもこの企業に入りたいと願っている人がいるかもしれない」と緊張感を持つことが大切です。

4. 採用コストが他の応募者より高い

転職コンサルタントの紹介で応募してきた人を採用すると、企業はコンサルタント側に人材紹介料を支払わなければなりません。この紹介料は、紹介された人材によっては数100万円を超す場合もあります。しかし自社のホームページを見て直接応募してきた人であれば、採用コストはほぼゼロ。人材は採用したいが予算は少ない企業の場合、より安く採用できる人を最終面接で判断する可能性はあるでしょう。

もちろん、転職コンサルタント経由でなければ応募できない大手企業もありますので、転職コンサルタントの利用が不利だというわけではありません。また、「誰よりも高い実績を上げ、御社に貢献します!」という意気込みをアピールすることで、採用コストが高いというデメリットを払しょくすることも可能です。

 

最終面接で落とされるのは確かにつらいことですが、まずはこうした仕組みを事実として知っておきましょう。仕組みが分かれば対策も立てられますし、不必要に落ち込んでしまうことも減らせるはずです。