かつて転職といえば求人情報誌や新聞の求人広告、ハローワークなどを活用するのが当たり前でしたが、現在は転職サイトか転職エージェント(人材紹介会社)などのサービスを利用するのが一般的になっています。

どちらのサービスも求職者を転職に導くことが目的ですが、それぞれの強みやメリット・デメリットが存在します。転職サイトと転職エージェントの違いを改めておさらいしてみましょう。

転職サイト ~さまざまな求人にアプローチ!~

転職サイトとは、ひと言でいえば当サイトでも紹介されて理宇リクナビNEXTやマイナビ転職、dodaなどの転職者向け求人を掲載しているサイトのことです。非常にたくさんの求⼈が掲載されており、見ているだけでも「こんな会社があるんだ」「この仕事、面白そうだな」と楽しめるほどです。

転職サイトを利用しての転職は、基本的には独力で転職活動を進めることになります。職務経歴書や自己PR文などの登録、企業へのエントリー、面接の日程調整なども自分で行う必要があります。また、サイトによっては書類添削サービスや面接対策などのコンテンツも利用できますが、基本的には親密なアドバイスがもらえるわけでもありません。

その代わり、自分のペースで転職活動を進めることができますし、定期的に新着求人を更新しているので、納得するまで求人案件を選ぶことができます。もちろん、エントリーするだけなら好きなだけチャレンジできます。企業側としてもたくさんのエントリーがあることを想定しており、特に若手向けの求人案件が豊富です。

転職エージェント ~非公開求人にも応募できる!~

転職エージェントの転職支援サービスとは、転職者の希望や適性に応じて正社員・契約社員の求人を紹介するサービスです。紹介料は企業から得ているので、基本的には転職エージェントの利用はすべて無料です。

転職エージェントのサービスのポイントは、あなたが希望する転職条件と企業の採用条件をエージェントがマッチングしてくれることです。例えば、希望する業界や職種、希望年収などを伝えておけば、エージェントの人がそれにマッチした案件を探してきてくれます。こうした求人案件は転職サイトにも掲載されていないものが多く、年収や職位も高いが多いです。

また、転職エージェントは企業の採用担当者から採用条件などを直接ヒアリングしているので、「この企業ではこういう経歴書が有利」「この企業ではこういう働き方が求められる」と、詳しいアドバイスを得ることができるのもメリットでしょう。

ただし応募のハードルは比較的高めですし、中堅~ベテラン層でなければ書類選考も通らないような求人がほとんどです。また、転職エージェントは企業に応募者を転職させることで利益を得ていますから、あなたの希望と関係のない求人案件をおススメしてくることもあります。また、エージェントは個人個人で企業とのコネクションを作っているので、デキる人とできない人の差がはっきりしています。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト 転職エージェント
メリット ・多くの求人を比較、検討できる

・自分のペースで転職活動できる

・非公開求人にも応募できる

・企業ごとに転職のアドバイスをもらえる

デメリット ・求人票以上の情報が得られない

・面接の日程調整などは、すべて自分で行う必要がある

・求人の応募ハードルが高い

・興味のない求人案件をすすめてくることもある

・エージェントごとの「当たりはずれ」が大きい

ターゲット層 20代~30代前半の若手 30代後半以上の中堅~ベテラン

 

大まかに、若手層は転職サイトの利用が、中堅~ベテラン層は転職エージェントの利用が向いている傾向がありますが、「30代後半だから転職サイトで転職できない」(またはその逆)ということはありません。

同時に登録することも可能ですので、両方登録してもよいでしょう。また、特にエージェントを利用する場合、そのキャリアアドバイザー個人の得意分野や営業スキルに左右される部分が大きいので、こちらも複数のエージェントに登録して、⾃分に合ったアドバイザーから応募するとよいでしょう。