面接では実際の受け答えも大切ですが、「どんな人が発言しているのか」という点も大切です。いくら立派なことを言っていても、社会人にふさわしくないだらしない服装の人であれば、企業側も採用したいと思わないでしょう。

下記には転職の身だしなみに関する“基礎の基礎”をまとめました。初めて転職する若手も、社会人生活が長いベテランもここでしっかりチェックしておいてください。

【男女共通のチェック事項】

  • クリエイティブやアパレル以外は、髪の色は黒髪がベター。
  • スーツ&シャツは黒やグレー、濃紺などの色で、しわや汚れがないものを。
  • 歯の食べカスなどに注意する。
  • ハンカチは清潔でしわのないものを用意する。
  • かばんはビジネスバッグを。リュックやトートバッグはNG。
  • タバコのにおいがしないように。
  • 靴下は黒や白、濃紺など地味めの色を。
  • 香水や香りのある整髪料はつけすぎないように要注意。

【男性のチェック事項】

  • ひげはきちんと剃る(クリエイティブ職はひげ可の会社もあり)。
  • ネクタイはビジネスにふさわしい落ち着いたデザインを。
  • 革靴はきちんと磨き、かかとのすり減っていないものをはいていく。

【女性編のチェック事項】

  • ロングヘアーは束ねる。
  • メイクはオフィスにふさわしいナチュラルメイクで。
  • スカート丈は短すぎないように要注意。
  • 長い爪や過度のネイルアートはNG。
  • 靴はハイヒールやミュールはNG。ローヒールのパンプスがベター。
  • ストッキングは伝線していないか要チェック。

面接でベストな身だしなみを実現するためにも、面接場所には時間の余裕をもって到着しましょう。駅から走って時間ギリギリに到着しては、汗だくのうえに髪型もメイクもくずれてしまいます。

面接で「私服OK」の場合の基本チェック

例えばアパレル企業などの場合、応募者の服装のセンスを選考ポイントにするため、私服を選考ポイントにする可能性は考えられます。また、単にスーツで勤務する規定がないので私服で来てもよいという場合もあります。

しかし、いくら私服といってもTシャツ&短パンにサンダルでは協調性を疑われてしまいます。また、ひと目で「浮いている」とわかるような派手な私服も“悪目立ち”していると判断される可能性があります。私服であっても「面接にふさわしい私服」である必要があるのです。

そんな「面接にふさわしい私服」のポイントは以下の通りです。

【上着】

  • 襟のあるものを着用する。ストライプやチェックなどシンプルな柄がよい。
  • 薄い水色や薄いピンクなど派手すぎない色がベター。
  • ブランドロゴが大きく入ったようなデザインは避ける。
  • 黒やグレー、濃紺などのカジュアルジャケットを着用する。

【ズボン、スカート】

  • ズボンは長ズボンが基本。短パンはNG。
  • ジーンズは避けた方が無難。カジュアル系のスラックスがベター。
  • アパレル系でない限り、ミニスカートやフレアスカートなどは避ける。

もし私服のセレクトに自信がなければ、通常のスーツを着ていくことをお勧めします。ただし、ネクタイは外してカジュアル感を出しましょう。また、少し明るめのスーツやシャツを着用すればより親しみやすい印象を演出できます。