いざ転職を決意しても、1つの大きな疑問があります。「働きながら転職活動したほうがいいのか? 辞めてから活動したほうがいいのか?」という疑問です。両者にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

仕事を続けながら転職活動する場合

メリット

  • 経済的な心配がない。
  • 無職というあせりがないので、落ち着いて転職活動できる。
  • キャリアに空きができない。

デメリット

  • 業務時間外に企業研究や面接を行うので、十分な時間が取りにくい。
  • 仕事があるという安心感から、転職活動が長引きがち。
  • 現在の仕事にかけるモチベーションが下がりやすい。

現在の仕事を続けながら転職活動する場合、「経済的な心配がない」というのが最大のメリットでしょう。そのため、「早く仕事を探さないと!」とあせることがなくなり、冷静な視点で企業選びや面接ができます。また、キャリアに空きができないため、職務経歴の面から見てもプラスになります。

反面、仕事を続けながら転職活動することになるので、スケジュールに自由がなく、十分な時間も取りにくくなります。仕事を終え、疲れて帰ってきたそのあとに職務経歴書の作成や面接の準備を行うことになります。

退職してから転職活動する場合

メリット

  • 企業研究や面接準備に十分な時間をさくことが可能。
  • 面接のスケジュールが組みやすい
  • 現在の職場に遠慮することなく活動できる

デメリット

  • 金銭面での不安がある。
  • キャリアに空きができる。長引くとその説明を求められる。
  • 無職というあせりから、冷静な判断が難しくなる。

退職してから転職活動を行う場合、時間が自由になるというメリットがあります。企業の面接時間にも合わせやすいですし、企業研究する時間や面接準備の時間もたっぷりとあります。必要であれば、転職相談会や転職者向けの企業説明会に参加することも容易でしょう。もちろん、退職しているので職場に気兼ねする必要もありません。

しかしそれは、無収入・無職の期間が発生するということでもあります。一般的に転職活動の期間は3か月が目安といわれています。人によってはなかなか転職先が決まらず、それ以上かかることもあるでしょう。そうなると家計を圧迫するだけでなく、経歴にも空白期間を作ってしまうことになります。また、そうしたことからあせりが生まれ、「もうどこでもいいから転職したい!」と不本意な会社に転職してしまう恐れもあります。

基本的には「仕事を続けながら転職活動」でOK

結局、仕事を続けながら転職活動するか、それとも退職してから転職活動をするかは、個人の判断になります。しかし、ここでは「仕事を続けながら転職活動」するほうをおススメします。

確かに時間の自由がきかないというデメリットはあります。しかし現在はPCで簡単に職務経歴書を作成できますし、転職サイトの求人マッチングサービスや転職エージェントからのおススメを活用すれば、企業選びの手間も大きく軽減できます。つまり時間の自由がないというデメリットは、昔と比べて小さくなっているのです。

それであれば、収入が安定しており、キャリアに空白期間を作らない「仕事を続けながら転職活動」のほうが安心といえるでしょう。