転職のきっかけは人それぞれ。キャリアアップのためというポジティブな理由だけではなく、「人間関係がストレス」「激務だから」という理由もあります。また、結婚や両親の介護など、外部に原因があることも少なくありません。とはいえ、転職を考えるきっかけは、大きく以下の4つに分けられるでしょう。

  1. 仕事そのものに不満がある。
  2. 給与に不満がある。
  3. 人間関係や社風に不満がある。
  4. 勤務時間や福利厚生など待遇に不満がある。

しかし、安易な転職はキャリアにとってマイナスになりかねません。そこで、1~4のそれぞれについて、以下のことを考えてみてください。

1. 仕事そのものに不満がある人

→今の会社で仕事内容を改善できないか?

「プロジェクトを任せてもらえない」「別の職種に興味がある」、そんな人が、転職を考えるのはごく自然です。しかし、転職先も“会社”であることに変わりはありません。転職したからといって、自分の希望がパーフェクトにかなう保証はどこにもないのです。

ですから、まずは今の会社で仕事の不満を解消できないか、考えてみましょう。例えば推進したいプロジェクトがあるのなら、上司や同僚に相談して企画書を作ってみてはどうでしょうか。また、違う職種に興味があるのなら、会社の人事部などに相談することもひとつの手です。それでも、「この会社では働き方に不満がある」と思ったならば、あなたにとって他の企業で働く時期に来ているのかもしれません。

2. 給与に不満のある人

→自分の能力で、転職によって年収が上がりそうか?

仕事内容にはそんなに不満はないけれど、給与が少ないのが不満という方は、まずは自分の給与の相場を知ることが第一です。つまり「転職して逆に年収が下がった!」ということがないように下調べする必要があるのです。

社内の評価制度を調べてみたり、同業他社や同じ年齢層の求人の給与条件を実際に調べてみたりしてください。転職サイトの中には年収査定サービスなどを行っているところもあります。そうしたサービスを利用するのもいいでしょう。

そうした上で「転職によって年収が上がりそうだ」と判断できるのであれば、転職を始めてもいいでしょう。

3. 人間関係や社風に不満がある人

→人間関係改善の努力や、社風に慣れようとする努力をしたか?

「人間関係がギスギスしている」「体育会系の社風が合わない」…。そうした不満も、立派な“転職のきっかけ”です。しかし、どんな職種であっても、働く上で人とのかかわりは避けられませんし、転職先の同僚がいい人ばかりだという確証もありません。

そのため、まずは今の会社の人間関係を改善できないか考えてみる必要があります。上司や人事に相談して所属部署・チームを変えてもらったり、自分から苦手な人にアプローチしたりして、少しでも人間関係を改善しようとする姿勢が重要です。また、社風が合わない場合でも、自分なりにその雰囲気に合わせようと努めてみてください。上司や先輩に、「どうやって自社の社風に慣れてきたか」と質問するのもいいでしょう。

そうしたプロセスを経ても人間関係や社風に耐えられないという人は、転職を検討する段階といえます。

4. 勤務時間や福利厚生など待遇に不満がある人

→社内制度を利用して待遇を改善できないか?

「仕事には満足しているけれど勤務時間が長い」「育児のため、時短勤務できる会社に転職したい」という人もいます。こうした人の場合も、まずは社内で待遇を改善できないか考えてみてください。

利用されていないだけで、出産・育児のための時短勤務制度を設けている企業は多くあります。また、不必要な会議やダラダラ残業で勤務時間が延びているのであれば、それを解消するように社内に働き掛けることもできます。

とはいえ、どうやっても待遇が改善できなかったり、どうしても長時間勤務せざるを得ない業界・職種だったりすることもあります。そうした場合であれば、転職が必要になるかもしれません。

 

新卒の時とは異なり、転職活動では時間も応募できる求人も限られてきます。上記をよく考えた上で、「それでもやっぱり転職したい!」という方は、転職するタイミングにあると言えるでしょう。